クラウド勤怠管理システムとは

以前は人手をかけて行ってきた企業の管理部門の仕事はシステム化が進み、ヒューマンエラーを減らしつつ、効率的にできるようになってきましたが、その代表格となっているのが勤怠管理システムです。勤怠管理は、企業に属する従業員が適正な就業状況にあるかどうかをチェックことが含まれ、就労時間や残業時間、有給休暇の取得状況などを管理します。そして、勤怠管理をより効率化できる仕組みが、クラウド勤怠管理システムです。これは、勤怠管理のシステムにかかわる人すべてが、インターネットを介して自分のタイミングで利用できる仕組みです。クラウドサービスは自前でサーバーなどを用意したり管理する必要がないため低価格で導入でき、利用者もウェブサービスを使うイメージで簡単に利用できます。

クラウド勤怠管理システムの有用な機能

クラウド勤怠管理システムの主な機能のうち、有用な機能となっているのが打刻機能です。通常のタイムレコーダーはオフィスや工場などに機器があり、出勤と退勤の際に従業員がタイムカードを挿入しますが、従来のシステムだと出張時の就労時間の把握はできませんし、不正が発生しやすいのがデメリットでした。ですが、クラウドシステムを利用することで、出張や自宅でのテレワークにも対応でき、ICカードやGPS機能を使うことで不正利用を減らすことができます。また、クラウド勤怠管理システムが持つ集計機能や他のシステムとの連携機能を使うことで、月の途中であっても人件費を把握したり、給与計算の工数を大幅に削減することもできます。

タイムレコーダーにはこれまでのようにタイムカード式のものの他にも、パソコンで入力するタイプのものも普及が進んでいます。