新しく始めるのなら国に開業届を出そう

これから新しく自営業をスタートさせたいと考えている場合は、国にそのことを伝えなければいけません。開業日から1ヶ月以内に書類を書いて提出しなければいけないという決まりがあるので気をつけましょう。ただ、決まりがあるといっても破ったときの罰則は用意されてはいないです。しかし、開業届を出すことで、働いていることを証明できたり経費にできる幅が増えたりするので、自営業をスタートさせるなら出しておいた方がお得です。

開業届の用紙をゲットしよう

開業届に必要な書類は国税庁のホームページからダウンロードできるようになっています。PDFとして配布されているのでプリンターで印刷して利用するようにしましょう。書き方の詳しい説明もされているため、開業届がどのようなものか分からない方でも大丈夫です。なお、開業届の提出先は国税庁ではありません。最寄りの税務署なので、きちんと調べたうえで間違えないように提出を行いましょう。税務署の受け付けに直接持っていくこともできますし、郵送で提出することも可能です。

青色申告承認申請書の提出も考える

開業届を出す場合、青色申告承認申請書も提出することを考えてみましょう。両方とも税務署に提出する書類なので、同時に出しておくことをおすすめします。そうすれば青色申告ができるようになるため、確定申告をするときに最大で65万円もの控除が受けられるようになります。あとから出すこともできますが、1年目から適応させたい場合は開業日から2か月以内に提出する必要があるので注意しましょう。

フランチャイズとは、すでに確立されたお店の看板やサービスなどを使う権利を本部からもらい、その対価を支払うという仕組みです。必要な要素を揃えてもらうことで、すぐに成果の出るビジネスを行うことができます。