営業マンを育てるのは大変

企業が売上を伸ばすためには営業活動、新規開拓はかかせません。その仕事を専門に行う部署が営業部ですが、スキルの高い営業マンは簡単には育ちません。営業経験者の途中入社は別でしょうが、新入社員を一人前の営業マンにまで育てるためには教育や研修が必要ですので、それなりのコストもかかります。新商品の売り込みや新たな販路を開拓したいときには新人を育てる時間が取れないこともありますが、そんな時に利用できるサービスが営業代行です。社外への売り込みだけではなく、テレワークやマーケティング、顧客ニーズの分析やコンサルティング、広告作成までも営業代行サービスの範囲内です。

プロの営業マンだからできること

営業代行のスタッフは最終的な成果を出すことに特化したプロフェッショナル集団ですので、営業活動の第一線で活躍してきた人材を会社の顔として利用できることになります。営業代行にお願いすると、それまでの経験から自社では取引できないような企業や業界に顔が利くこともあります。人脈はいくら社内で研修をしても手に入らない、営業活動の宝ですので、新規の販路が大きく開けることも期待できます。営業代行に必要な費用は成果報酬であることが多く、他に固定費が請求されることもありますが、契約する段階で経費を見込みやすいのが特徴です。営業代行スタッフは、現状分析、営業戦略の企画立案から実際の営業活動まで、多くのノウハウを持ったプロ集団ですからすべてを任せることができます。

営業代行は社員に代わり、企業の商品の営業を行ってくれるサービスです。代行業者は多数ありますが、依頼の際は、どういった成果を求めるのか、またどこまでの業務を託すのかを明確にしておくことが大切です。