賃貸用など色々な用途に使えるのが倉庫の魅力

自宅の敷地に倉庫を所有している人は、自分が使用するものを入れておくこともできますが、倉庫はアパートやマンションのように「投資」として使用することもできるのです。つまり貸倉庫として他人に貸して、賃貸料を得ることです。ただし他人に賃貸する場合には、しっかりと整備された倉庫でないと、中に入れたものが破損したりする可能性があります。賃貸倉庫として貸し出す場合には、そのような点に注意しながら行動に移すべきでしょう。

倉庫にもいろいろな種類がある

賃貸用として貸し出すこともできる倉庫ですが、実はいろいろな種類があるのです。例えば、「コンテナ」が代表的なものの一つに当たります。コンテナは主に「屋外」に設置します。街中でも場所によっては数多くの賃貸コンテナがある場所もあります。他にも「トランクルーム」という形式ものもあります。コンテナとの違いは「屋内型」であるというところでしょう。トランクルームには、それ専用の建物に設置されているというところもあれば、ビルの一部などがトランクルームになっているようなパターンもあります。

コンテナとトランクルームの主な違い

利用者の視点から見ると、トランクルームよりもコンテナのほうが比較的安く借りられます。セキュリティの面からみても、屋外設置のコンテナに比べて、屋内設置のトランクルームのほうが高いです。投資としてみると、コンテナのほうは投下資本が大きくなり、利回りは低くなりますが、トランクルームは投下資本がコンテナよりも小さく、利回りは高くなる傾向にあります。

物流とは、企業が商品を顧客の手元に届けるまでの過程のことを意味します。発送だけではなく、商品の保管や管理、包装、情報処理など多くの過程が含まれています。