地価が安い土地は倉庫にしよう

土地活用の手段としてマンションやアパート、ビルなどを建てて運用する方法が人気です。しかし、倉庫を使って土地活用をする方法もあります。倉庫はターゲットを決めると様々な仕様のものを設計できるのが魅力で、ニーズがある倉庫を用意すれば長期的に利用してもらえるのがメリットです。ただ、倉庫は賃料の単価がマンションなどに比べると低いため、利益率を上げるための工夫が必要です。土地活用の場合には地価が安いときに倉庫を検討してみましょう。地価がが高いと固定資産税や都市計画税の負担が大きく、なかなかまとまった利益を上げられない場合が多いからです。都市部から外れた場所の土地でも倉庫としての利用には人気があるので、地価が安いときには検討してみましょう。

倉庫を選ぶときのコツ

倉庫を建てて経営する場合には立地条件を考慮して適切な設備の倉庫を設計するのがコツです。ニーズがない倉庫にしても借り手が見つからないので、周辺の状況を調査しましょう。工場や物流会社などがある場合には大きな倉庫のニーズが高いことが多く、広めのスペースをいくつかの分画に分けられるようにしておくのが適切です。住宅街の場合には小型倉庫の方が好まれるので、初期費用を考慮してコンテナで倉庫にするのも良いアイディアでしょう。また、交通の要所の場合には積み荷の中継地点として活用してもらえる可能性があります。大型トラックが搬入や搬出をしやすいように設計しておくと、大手会社が興味を持ってくれるでしょう。

企業において、物流業務を第三者機関に委託することを、3PLといいます。企業戦略として、こういった業務形態をすることがあります。